Screenshot API | WhoisXML API

Screenshot API:1回のAPIコールで複数ページのスクリーンショットを取得

Google Chromeエンジンをベースとした当社のScreenshot APIを使えば、あらゆるウェブページのスクリーンショットを、リンクを埋め込んだjpg、pngまたはPDFファイルとして即座に取得できます。貴社の製品への統合も簡単です。

お申し込み

APIリクエスト500回が無料。クレジットカードは不要です。

Screenshot API:1回のAPIコールで複数ページのスクリーンショットを取得

Screenshotシリーズの特長

  • Chromeのレンダリングエンジン

    CSS3、Webフォント、JSをフルサポートしたChromeベースのレンダリングエンジンです。全てブラウザと同じように見えます。

  • 多様なサイズに対応

    パラメータ設定により、フルページまたはモバイルのスクリーンショットをキャプチャしたり、viewportサイズやカスタム幅のサムネイルを細かく制御したりできます。

  • 撮影のタイミングを調整可能

    スクリーンショットを取り込む前に、ページの読み込み完了を自動的に検知します。また、取り込みの遅延とページロードタイムアウトをカスタム指定することで、結果を最適化できます。

  • マルチフォーマット

    あらゆるウェブページのスクリーンショットを、リンクを埋め込んだ適切な品質のJPG、PNG、またはPDFファイルとして取得します。

  • ユーザーエージェント指定

    カスタムユーザーエージェントを指定することで、様々なクライアントでリアルなエミュレーションが可能になります。

  • ダイレクトリンクによるレンダリング

    作成したスクリーンショットにそのウェブページのダイレクトURLを付けることができます。

実践的な活用法

フロントエンド開発

フロントエンド開発

Screenshot APIを使えば、さまざまな解像度や画面でサイトをテストできます。完全自動で全ページのスクリーンショットを作成できます。

SEO

リンクを埋め込んだリンク先サイトのスクリーンショットを追加することで、クライアントに送信するバックリンクやランキングが本物であることを保証します。

SEO
デジタルマーケティングとウェブサイト管理

デジタルマーケティングとウェブサイト管理

Screenshot APIは、競合サイトや自社サイトのページのアクセシビリティを監視するために使用できます。ウェブサイトのスクリーンショットを取得すれば、変更にタイムリーに対応できます。

Screenshot API | WhoisXML API

さらに

アカウントをご登録いただくと、当社の新しいScreenshot APIを無料でお試しになれます。クレジットカード情報は不要です。

プレミアムAPIサービス

プレミアムAPIサービスおよびエンタープライズAPIパッケージでご提供するAPIでは、専用のロードバランサーとプレミアムエンドポイントにより、さらに高速なクエリが可能です。

詳細はこちら

エンタープライズAPIパッケージ

WhoisXML APIのAPIは、年額サブスクリプションでご提供しています。アクセス価格はクエリ数に基づいて毎月測定されますが、分単位の料金の上限が設定されています。そのため、お客様の事業計画やソリューション構築において見通しを立てやすくなります。

詳細はこちら