SplunkのWebsite Screenshot APIアプリケーションチュートリアル | プラットフォーム | Screenshot API | WhoisXML API

SplunkのWebsite Screenshot APIアプリケーションチュートリアル SplunkのWebsite Screenshot APIアプリケーションチュートリアル

Website Screenshot APISplunk用のアプリケーションです。Splunk内でウェブページのスクリーンショットを取得できます。

前提条件

Splunk Enterprise がインストールされ、設定されている必要があります。公式ドキュメントをご参照ください。

拡張機能を設定する

1. Splunkにログインします。

Splunkにログインする。

2. アプリケーションをダウンロードしてインストールします。これは Splunk内(http://splunkbase.splunk.com/app/5444)から行うことができます。

3. アプリケーションをインストールしたら、すぐに設定を開始できます。

アプリケーションをインストールしたら、すぐに設定を開始できます。

3.1 Appsページでアプリケーションを設定することもできます。アプリケーション名の横にあるSet upをクリックします。

Appsページでアプリケーションを設定することもできます。アプリケーション名の横にある「Set up」をクリックします。

4. APIキーを入力し、Saveをクリックします。

APIキーを入力し、[Save]をクリックします。

拡張機能を利用する

1. Website Screenshotページでスクリーンキャプチャを実行できます。

Website Screenshotページで、スクリーンキャプチャを実行できます。

2. スクリーンショットがキャプチャされると、ページに表示されます(コマンドの image結果フィールドにbase64エンコード)。そうでない場合は、エラーが表示されます(コマンドの error結果フィールドでJSONエンコード)。

Website Screenshot Lookupを統合

引数:

  • url:対象ページのアドレス。
  • image_type:画像出力の種類(任意、png/jpg、初期値「jpg」)。
  • quality :jpgの画質設定(任意、[40, 99]、初期値「85」)
  • width:画像の幅をpxで指定(任意、[100, 3000]、初期値「800」)。
  • height:画像の高さ(px)(任意、 [100, 3000]、初期値「600」)。
  • thumb_width:画像のサムネイルの幅 (px)(任意、[50, width]、初期値「0」)。
  • mode:任意、「fast」はdocument.loadを待機、「slow」はネットワークのアイドルイベントを待機。
  • full_page:任意、指定した場合(任意の値)、ページ全体のスクリーンショットを作成。
  • scroll:任意、指定した場合(任意の値)、下と上にスクロール。
  • no_js:任意、指定した場合(任意の値)、JavaScriptを無効にする。
  • delay:スクリーンキャプチャの遅延時間 (ミリ秒単位)(任意、[0, 10000]、初期値「250」)。
  • timeout:ページ読み込みのタイムアウト時間(ミリ秒)(任意、[0, 30000]、初期値「15000」)。
  • scale:エミュレータのdeviceScaleFactor(ミリ秒)(任意、[0.5, 4.0]、初期値「1.0」)。
  • retina:任意、指定した場合(任意の値)、Retinaディスプレイをエミュレートする。
  • ua:「User-Agent」ヘッダー文字列(任意)。
  • mobile:任意。指定した場合(任意の値)、モバイルデバイスをエミュレートする。
  • touch_screen:任意。指定した場合(任意の値)、タッチスクリーンデバイスをエミュレートする。
  • landscape:任意。指定し場合(任意の値)、ページを横向きにレンダリングする。
  • api_key:任意。指定しない場合は設定から取得する。
  • credits_type:任意。指定しない場合は設定から取得。「SA」 - Screenshot APIクレジット、「DRS」 - Domain Research Suiteクレジット。